うつ病の復職・転職のタイミングを元うつエンジニアが考えてみる

うつ病の復職・転職のタイミング うつ病で退職された方へ

社会人にとってうつ病を患ったあとの復職というのは、ある種、勇気のいる行動です。

なぜかというと、うつ病の再発率は60%、復職成功率は50%と言われているからです。※厚生労働省調べ

そのため、復職の時期というのは非常に重要です。

うつ病には治療の段階があります。かんたんに説明すると、前駆期(なりかけ)、極期(重症)、回復期があり、再発防止期間として中間期があります。

復職する際には、この治療の段階を意識する必要があるのではないかと思います。

うつ病の復職のタイミングは中間期が適切

うつ病の復職のタイミングは再発防止の期間となる中間期が適切です。

私もそうだったのですが、うつ病の回復にはある程度の波があります。体調が良くなったり、悪化したりを繰り返しながら徐々に回復に向かうイメージです。

体調が良い日が続くと社会復帰への焦りが出てしまいますが、そこで無理をすると回復期から極期まで逆戻り(あるいは再発)ということになりかねません。

現状を把握することというのは非常に大事です。

うつ病の復職のタイミングを判断するのは自分自身

うつ病の復職判断をするのは、医師でもなく実は自分自身だったりします。

厚生労働省の「心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き」では、事業者(会社)が職場復帰支援プランの作成し、職場復職後フォローをすることが推奨されています。

しかし、実際には会社を退職し、転職活動の後クローズ(精神疾患の旨を明かさず)で入社したり、会社の協力を得られない場合があると思います。

また、会社のフォローアップや職場復帰支援プランが不十分である場合も十分に考えられます。

それらの場合に、いうまでもなく自分の身を守れるのは自分以外にいません。

話を戻しますが、無理に復職判断をしてしまうと、身体に支障をきたすことは十分にありえます。

休職の繰り返し・長期化を防ぐための対応とは?<2>  ヒューマンキャピタル Online(日経BP) の記事で言われているのですが、主治医による復職可能の判断は、本人の意向が強く反映されていたり、「症状が安定し日常生活可能な状態」で行われることが多いので注意が必要です

「症状が安定し日常生活可能な状態」というのは就労が可能な状態とは異なるので、誤った判断をしかねません。

復職できるかどうかは自分自身である程度判断する必要があるのではないかと思います。

うつ病の復職のタイミングを判断するためのチェックリスト

第二新卒の転職・うつ病未経験でもだいじょうぶ!
うつ病の復職のタイミングを判断するためのチェックリスト

うつ病の復職判断をするための問題は「就労可能な状態」とはどんな状態か、どのように判断するかです。これについて考えてみたいと思います。 (もちろん、主治医・産業医が「就労可能」と診断することが前提です)

まず、「就労」がどのような状態かです。

復職トレーニングとして週3日から復職する場合もありますし、いきなり週5日で定時上がりから復職する場合もあると思います。

上記の記事では以下のように述べられています。

職場復帰の基本的な姿勢は「通常勤務(定時勤務)が安定して行えること」「周囲が安心して仕事を任せられる状態」ですが、最初から通常勤務が難しい場合は、公的機関や医療機関の復職支援施設を利用する方法があります。

(出典:休職の繰り返し・長期化を防ぐための対応とは?<2>  ヒューマンキャピタル Online(日経BP

私が思うに、週3日などの復職トレーニングを挟むのは「就労可能かどうかを判断するため」なので、「就労」の強度としては”週5日勤務に耐えられるかどうか”が基準になると思います。

週5日というと、朝9時に出社して夜18時(実働8時間)に退社を5日繰り返すという事になります(当然ですね)。

ここで気にすべき事項は、以下ではないかと思います。

  1. 朝はしっかり起きられているか?(起床時に不調はないか)
  2. 睡眠はしっかりとれているか?(睡眠に不調はないか)
  3. 労働以外の活動はできているか?(家事などの日常生活)
  4. 実働8時間を丸一日不調なくこなせたか?(軽作業でも良いので実績として)
  5. ストレス発散は十分に行なえているか?
  6. 主治医・産業医から「就労可能な状態」と診断されているか?

これらを休職のあいだに実証できていればある程度「就労可能」と言えるのではないでしょうか。

「体調データの記録」「日常活動記録表の活用」「資格の勉強」「ボランティア活動への参加」「週2~3日のアルバイト」「定期的なストレスチェックの実施(と適切なストレス発散法の選択)」などを活用して、上記事項を確認してみると良いと思います。

これらの情報をもとに、主治医・産業医と相談し、就労可否を決めるという流れではないでしょうか。

もちろん復職3~5年後に再び体調を崩す、といったこともありますから、復職時期がすべてではないと思います。

私が復職するにあたって大きな自信となったのは週2~3日のアルバイトと資格の取得です。肉体が労働に馴染めて行けるかという実証と、脳みそはしっかりと動いているかという検証を通して、復職の準備をしてきました。

ただし、最終的なチェックリストなだけであって、クリティカルに身体の調子を整えるのはうつ病の治療そのものであってほかにありません。治療をおろそかにしないよう、焦らず復職のタイミングを検討するようにしてくださいね。

転職会議

コメント

タイトルとURLをコピーしました